FC2ブログ
文章力アップを目指して、コツコツレビューを書いていきます。

イーオン・フラックス スタンダード・エディション [DVD]

2011年に致死性のウィルスが発生、人類の99%が死滅し絶滅の危機に陥った。科学者トレヴァー・グッドチャイルドが開発したワクチンで生き残った500万人の人類は、救世主の子孫グッドチャイルド一族の圧制的な管理化の下、汚染された外界と壁で隔てられた都市ブレーニャで暮らしていた。病気も、飢えも、戦争もない、ユートピア都市は秘密と虚偽で成り立っていた。

2415年、反政府組織「モニカン」の革命戦士イーオン・フラックスには、妹ユナがいた。幸せな結婚をし、妊娠したばかりの妹が反政府分子として抹殺され、イーオンは政府に対する復讐を誓う。政府要塞の警備システム解除法を得た「モニカン」は、君主トレヴァー8世の暗殺指令をイーオンに下す。2本の足を手に変えた改造人間シサンドラを援護に付け要塞に進入。トレヴァーを探しだし銃を突きつけた瞬間、彼と愛しあう自分の姿が浮かんだ。イーオンを見たトレヴァーは彼女を別の名で呼ぶ。混乱するイーオンは、トレヴァーにカプセルを与えられ、トレヴァーを殺せないまま意識を失い囚われる。

引用元Wikipedeia



率直な感想としては、予想より面白みに欠けている。CGや衣装のデザインは美しく好みだったのだが、全体としての迫力は緊張感などは全く感じることが出来なかった。原作をはピーター・チョン、韓国系アメリカ人のためか、作品に和風なもの(盆栽や畳、さくら?など)が登場する。アニメを見たことがあるのだけどl、この作品については原作とはずいぶんちがっているが内容はわかりやすくなってよかったかもしれない。原作は少し複雑で見慣れない絵なので今では内容を思い出せない。

テーマとしては、クローンをどう考えるか?と言いたかったのかもしれない、クローンについては、羊などですでに成功している。いつの日か人類がクローンを選択する日がいつか来るかもしれない。そのとき自分はどうするのだろう?やはり死を恐れるのか、「人間は一度しかないの人生を歩むものだ」と、死を選ぶのか?多分、後者を美としてえらぶだろう。しかし、こうして文章として書くのは簡単だが、まだ本当の死の恐怖に会っていない自分には、そのときどうするか即答できるかまだ分からない・・・・






イーオン・フラックス [Blu-ray]

イーオン・フラックス スタンダード・エディション [DVD]






関連タグ : 映画, イーオン・フラックス, レビュー,